冠婚葬祭ニュース
2018年01月24日(水)
 冠婚葬祭ニュース

海洋散骨をリーズナブルに。フューネットコーポレーションの「Re:Sea」

冠婚葬祭 新着30件






























海洋散骨をリーズナブルに。フューネットコーポレーションの「Re:Sea」

このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカ・ハワイ沖で代行海洋散骨
株式会社フューネットコーポレーションは、5月25日、アメリカ・ハワイ沖での代行海洋散骨サービス『Re:Sea(リセア)』についてのプレスリリースを発表した。

同社は、東京都内を中心に斎場運営や葬儀全般を手がけ、ウェブサイト『東京葬儀.com』運営も行う企業。『Re:Sea』は、「海への散骨」をリーズナブルな価格で実現するというサービス。

海洋散骨
「海洋散骨」を望む声が多く寄せられた
葬儀・納骨のニーズが多様化するなか、東京都内を中心に斎場運営や葬儀全般を手がけるフューネットコーポレーションには「海洋散骨」を望む声が多く寄せられるという。そこで同社は、アメリカ・ハワイ沖での代行海洋散骨サービスとして『Re:Sea』の提供を本年5月1日より開始した。

『Re:Sea』は、東京23区近郊における遺骨引き取りまたは郵送代金、海洋散骨の手続き代行、粉骨作業、遺骨保管費用、保管中の合同追善法要、散骨代行、海洋散骨実施証明書発行、献花、散骨実施写真などが、税抜き120000円で可能となるサービス。オプションとして、埋葬後の遺骨を散骨される場合の骨洗浄および乾燥や、ペットの遺骨との散骨などにも対応するという。

チャーター散骨にも対応
なお『Re:Sea』を利用する際には、火葬場発行の埋葬証明書のコピー、申込者の本人確認ができる書類、粉骨同意書、遺骨預かり同意書、散骨委託同意書に署名が必要となる。

同サービスでは、チャーター散骨にも対応するとしている。人数により料金は変動するが、祭事者を招いてオリジナルのセレモニーを行うことも可能だという。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

ハワイでの散骨代行は「ハワイ散骨代行のリセア」 - 株式会社フューネットコーポレーション
http://www.hawaii-resea.com/

フューネットコーポレーション、アメリカ・ハワイ沖での代行海洋散骨サービス「Re:Sea(リセア)」の提供を開始 - ValuePress!
https://www.value-press.com/pressrelease/
Amazon.co.jp : 海洋散骨 に関連する商品
  • エクスペディア・ジャパン、ハネムーンに関する意識調査を実施(6月9日)
  • 「Kizoa」、日本でのウェディングに対応した特別テンプレートを導入(6月8日)
  • ベストブライダル運営の八事サーウィンストンホテル、ビアガーデンを7月開始(6月5日)
  • 「ウエディングパーク動画6選」公開特設ページがオープン(6月3日)
  • 天然石ジュエリーのマルラニハワイ、「ハワイアンウエディングライン」を提案(5月31日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->